コンテンツ
JA概要
事業のご案内
 特産品レシピ
リンク集
お問い合わせ
コンテンツ
JA概要
事業のご案内
広報誌
准組合員広報誌
 特産品レシピ
リンク集
お問い合わせ
くらしの活動掲示板
ディスクロージャー誌
JAネットローン
JAネットバンク
ネットバンクにおける取引のご注意!
発見!JAバンクのこと
金融円滑化に向けた取り組み
JAポイントサービス
組合員加入のご案内
出資証券の無証券化について
組合員資格確認のお願い
特別栽培米やましろの恵 ガイドライン表示
サイトマップ
定款
プライバシーポリシー
利益相反管理方針の概要
反社会的勢力基本方針
復興特別所得税の取扱い
苦情処理措置の概要(信用部)
苦情処理措置の概要(共済部)
行動計画
JAバンク相談所
トップページ

Globalsign SSL Site Seal
インターネット標準のSSL
(Secure Socket Layer)
により暗号化されます。

エリアスポットやましろ探訪家庭菜園今月の料理月刊やましろTOPへ
月刊やましろ

 

▲国道163号線からのぞむ笠置山

 
 誰の言葉か、「軍書に悲しき笠置山」。笠置山は、文学作品の舞台として、あまりにも有名です。
 古く『枕草子』に、「寺は、壺坂。笠置。」また、平安時代末に成立した『今昔物語集』には、天智天皇の皇子が仏に助けられた報恩の目印に、笠を置いたから笠置と言うようになったとの、地名起源説話が載っています。
 さらに、中世の軍記物語『太平記』には、元弘の変、所謂(いわゆる)笠置合戦の様子が詳しく語られています。後醍醐天皇・楠木正成等が登場するこの話は、戦前の国史教科書にも載り、全国民に知られました。「さして行く・・」の御製(ぎょせい)は、年輩の方の殆(ほとん)どが暗唱しておられるのではないでしょうか。
 笠置合戦は、『太平記』前半のハイライト、理屈抜きにその面白さに引き込まれます。力強い躍動的な文体、また哀切(あいせつ)な表現、時に滑稽(こっけい)な要素までも含んでおり、「古典」の堅苦しいイメージを取り除いてくれる、大衆小説的な側面をも持つ名文です。是非、『太平記』の原文で味わいたいものです。

頼山陽の笠置山来遊
 笠置山は、古来弥勒(みろく)信仰の霊地として参詣者を集め、また修験者の修行地でもありましたが、江戸時代尊皇(そんのう)の思想が盛んになるにつれて、尊皇の聖地と目されるようになったようです。
 尊皇の思想といえば、江戸後期のベストセラー『日本外史』の作者頼山陽(らいさんよう)が思い浮かびますが、山陽は2度笠置山を訪れています。
 1度目は文政10年(1827)、母を伴い、笠置出身の弟子、大倉笠山の案内で笠置山に登りました。笠山の実家で宿泊し、帰途、木津川を船で下る途中、『笠置山。元弘の行在所(あんざいしょ)を観て作れる歌』という題の漢詩を作っています。長い詩なので引用を控えますが、元弘の変の故事を想い、悲憤の情を吐露(とろ)したものです。
 2度目は天保2年(1831)の春、弟子と共に月ヶ瀬観梅に行った帰りに、田山・大河原を通って笠置山に登っています。弟子の関藤桐陰の記録には、この時山陽は、登山後、宿から川を臨(のぞ)み茶を煎(せん)じてくつろぎ、夜になって酒を呼び、元弘の事を語って止まなかった、と記してあります。
 山陽に限らず、江戸時代の笠置を詠んだ漢詩には、元弘の故事に触れ、尊皇のロマンチシズムを表現したものが多いようです。
 江戸時代の文人では、地元出身の大倉笠山の名も、私達は記憶に留めるべきでしょう。



▲戦前の国定教科書「笠置合戦」の記述
近現代の短歌
 明治以降も笠置山には多くの文人達が訪れました。会津八一・川田順・与謝野礼厳(鉄幹の父)等の歌が残り、陳舜臣・永井路子等、現代作家による紀行文もあります。
 それらの中から、窪田空穂(1877〜1967)の歌を紹介しましょう、
@木津川を 遡(さかのぼ)りくれば
 笠置山 山の気の澄みて
 桜咲き照る
A咲く桜 すかし見下ろす
 深き谷 木津川長く
 濃き藍(あい)を引く
 歌集『冬日ざし』より。歴史への感慨や信仰の思いを詠んだものが、やはり多い近現代の短歌の中で、空穂の歌は、純粋な叙景歌です。桜の季節に笠置山に登っての作。笠置を知る私達の実感に、よく合った歌ではないでしょうか。
 @の歌。笠置の「山の気」は、確かに澄んでいます。国道163号線を東に向かうとき、笠置辺りまで来ると、ふっと空気が変わり、静寂な気配を感じるのは、私だけではないでしょう。
 Aの歌。笠置山は、史跡や石の仏もよいが、見下ろす風景が素晴らしい。眼下を流れる渓谷の水の色は碧(みどり)で、それが幅を広めて瓶原(みかのはら)へと流れてゆきます。桜の頃の笠置は、いっそう澄んだ気が漂(ただよ)っていることでしょうか。
 現在笠置を訪れる観光客は年間約50万人、そのうち笠置山に登る人は、5万人程であるということです。秋に、散策を楽しむ人が最も多いと、笠置寺のご住職のお話でした。



■著者プロフィール■
小西 亘(こにし わたる)
 
1958年、南山城村に生まれる。82年より京都府立高校に勤務。現在府立南陽高校国語科教諭。『注釈青谷絶賞』『「月瀬記勝」梅蹊遊記訳注』執筆。

■バックナンバー■
  【伝えたい宇治茶】    
  G茶の機能性(カテキン類)について   E碾茶(抹茶原葉)の合組
  F緑茶の機能性(テアニン)   D宇治茶の新たな躍進
      C宇治茶を支えた品種
      B茶園景観のかたち
      A全国茶品評会の開催
      @90年前の宇治茶スイーツ
       
  【やましろ昔話】    
  K炭山の田植地蔵さん   E北稲八間の年越し
  Jお産ぎつね   D送り狼
  Iだんごやすみ   C天狗の手
  H寒がり天狗   B嫁盗り地蔵
  G田辺の送り竹   A紙鯉
  Fころ柿   @踊るきつね
       
  【なつかしの道具とその周辺】    
  K田植えの農具   E千歯扱き ―収穫の農具(1)―
  J麦の収穫   Dサツマイモの収農具
  Iみずぐるま   C水田除草用具の移り変わり(2)
  H唐臼、石臼   B水田除草用具の移り変わり(1)
  G唐 箕 ―収穫の農具(3)―   A祝園の居籠祭に用いられる犂
  F収唐 箕 ―収穫の農具(2)―   @祈りの農具
       
  【やましろ昔話】    
  K風に舞った花嫁衣裳   E夢絃峡
  J夜桜ぎつね   D狛犬の結び糸
  Iお亀さん   C寺田いも
  Hきつねのお礼   Bお姫ヶ池
  Gいたずら天狗   A蛍合戦
  Fお正月飾りと福の神   @雨乞い
       
  【山城地域の絶滅危惧植物を追う】    
  K石持草(イシモチソウ)   E撫子(ナデシコ)
  J猫目草(ネコノメソウ)   D桔梗(キキョウ)
  I猫目草(ネコノメソウ)   C連理草(レンリソウ)
  H寒枯藺(カンガレイ)   B狸藻(タヌキモ)
  G藤袴(フジバカマ)   A未草(ヒツジグサ)
  F女郎花(オミナエシ)   @翁草(オキナグサ)
       
  【再光の大地】    
  K炎の稲屋妻   E忍び
  J終焉   D三番星 苦悩と楽土に直面す
  I鎮圧軍総司令官「伊勢貞宗」   C教育は天王畑の神主から
  H三六星 宇治平等院にて集う   B二番星、椿井新城より去る
  G新風が運ぶ自断権   A三十六星
  F酒星   @県祭りと山城国一揆
       
  【南山城文学散歩】    
  K木津川のうた   E旧都と歌枕の地 瓶原
  J上田三四二と青谷   D笠置山と文学
  I文人憧れの地 月ヶ瀬梅渓   C五里五里の里 城陽
  H青谷梅林の歴史と詩歌   B古典文学の宝庫井手(2)
  G古歌の名所 狛と祝園   A古典文学の宝庫井手(1)
  F現代の桃源郷 南山城村   @木津川と泉橋
       
  【風土記】    
  I母なる川 木津川   D小野小町伝説と井手
  H二宮忠八と飛行神社   C富本銭と和同開珎
  Gほとけになった悪次郎   B恋志谷神社と恋路橋
  F安積親王墓と大伴家持   A明暗を分けた家康と梅雪
  Eかぐや姫と宇治   @市坂の念仏石
       
  【南山城 歴史のなかのひとびと】    
  K和束で出会った『生活のうた』   E水度神社のおかげ踊図絵馬
  J南山城村に伝わる折りの行事   D高神社と多賀郷の人びと
  I絵馬に描かれた近世の木津浜   C正覚寺洪水供養石仏
  H平等院と山城国一揆   B狛と平尾の精霊踊
  G農作を折る居籠(いごもり)祭り   A泉橋寺の地蔵石仏
  F相楽郡立濃学校の創立   @平野の勧心猿楽
Copyright(C) 2006- JA Kyoto Yamashiro.All Rights Reserved.