コンテンツ
JA概要
事業のご案内
 特産品レシピ
リンク集
お問い合わせ
コンテンツ
JA概要
事業のご案内
広報誌
准組合員広報誌
 特産品レシピ
リンク集
お問い合わせ
くらしの活動掲示板
ディスクロージャー誌
JAネットローン
JAネットバンク
ネットバンクにおける取引のご注意!
発見!JAバンクのこと
金融円滑化に向けた取り組み
JAポイントサービス
組合員加入のご案内
出資証券の無証券化について
組合員資格確認のお願い
特別栽培米やましろの恵 ガイドライン表示
サイトマップ
定款
プライバシーポリシー
利益相反管理方針の概要
反社会的勢力基本方針
復興特別所得税の取扱い
苦情処理措置の概要(信用部)
苦情処理措置の概要(共済部)
行動計画
JAバンク相談所
トップページ

Globalsign SSL Site Seal
インターネット標準のSSL
(Secure Socket Layer)
により暗号化されます。

エリアスポットやましろ探訪家庭菜園今月の料理月刊やましろTOPへ
月刊やましろ

 

 昔、小倉池に小さな島があった。島の真ん中にある古い松の木の太い幹には、ほこらがあって、竜神様が大切に祀られておったんや。
 島の対岸の村に、おじいさんと孫娘が二人で暮らしておった。ある日のこと、突然おじいさんが倒れて、寝たきりになってしもたんや。村のお医者さんも首をひねるばかりでな。
 そこで娘は、おじいさんが一日も早く元気になるように、島の竜神さんに百日の願かけをしたんや。娘は雨や風で激しく波立つ日も舟を出して、島へ出掛けていった。
 そして、満願の朝。いつものように竜神様の前で手を合わせ、一心に祈っていると、いつの間にか見たこともない、りりしい若者が立っておった。若者は「これをおじいさんに飲ませなさい。必ずよくなるよ」と娘の手に竹筒を握らせると、松の木の後ろへ消えていった。
 若者のくれた薬を、毎日のませたおかげで、おじいさんは、日に日に元気になっていった。
 そしていつしか二人は、愛し合うようになったんや。二人が一緒になりたいというと、おじいさんは「本当にそれでいいのか」と念をおしてから、気づかわしげにうなづいた。
 結婚式の日、娘は母の形見の衣裳に身をつつみ、島に渡って若者をまっていたが、どうしたわけか昼近くなっても、若者は姿をみせなかった。
 その日、村の衆は、小倉池が田んぼになると決まったので、じゃまになる島の木を切ろうとしていた。おじいさんと娘は必死で止めたが、村の衆は決まったことやと強く言った。木を切る前に大切な竜神様を氏神様にお移ししょうと村の衆が竜神様のほこらに手をかけた。すると辺りが急に暗くなりゴロゴロと雷がなりだし、松の木のてっぺんに稲妻が走り、木は真っ二つにさけて倒れた。と同時に、島の周りで水面が盛り上がったかと思うと、突然池の水が吹き上がった。水は風をまきこんで、竜巻となり、中から大きな竜がおどり出て、高く高くのぼっていった。
 やがて、辺りは嘘のように明るくなった。驚いている村人にまじって、娘は、ただぼうぜんと空を見上げていたんや。すると、フアーッと一陣の風が吹いて、娘の打ち掛けを、空に舞い上がらせた。折しも顔を出した日の光に、純白の花嫁衣裳がキラキラと照り輝き、竜巻に包まれていったんやと。




▲宇治市と久御山町の境に立つ祠
《筆者紹介》
宇治民話の会
1983年発足。
宇治山城地方の民話や暮らしを採集。「宇治・山城の民話」「宇治のみんわ」等本や冊子で紹介。
1994年第4回紫式部市民文化賞受賞

■バックナンバー
@雨乞い  
A蛍合戦
Bお姫ヶ池
C寺田いも  
D狛犬の結び糸  
E夢絃峡  
Fお正月飾りと福の神  
Gいたずら天狗  
Hきつねのお礼  
Iお亀さん  
J夜桜ぎつね  
K風に舞った花嫁衣裳  

Copyright(C) 2006- JA Kyoto Yamashiro.All Rights Reserved.